Oct 14, 2016

エンジニアの職歴ブランクについて

先日、「職歴のブランクについて相談したい」と、エンジニアのAさん(42歳・男性)が来社されました。
Aさんは元々SI企業でSE/PGとして数年働いた後、ITベンチャー企業に転職し、新規Webサービス開発に従事していました。
転職先では残業が多く、それが災いして体調を崩してしまい休職を余儀なくされたとのこと。重ねてお母さまが倒れられて介護が必要になり、結果的に3年ほど職歴にブランクが生じてしまったとのことでした。
Aさんとしては、エンジニア職に戻りたいという強い希望をお持ちでしたが、半年にわたる転職活動もなかなか実を結ばず、アデコに来社されました。






Aさんのように3年のブランクは、企業の採用担当側から見れば、マイナスに評価されてしまいがちです。長期間働いてもらえるのかという不安、心配が企業側に生まれるためです。

このような場合、私たちはまず職歴にブランクがあっても問題ないという求人を探します。そのうえで、その方の得意分野や強みとするスキルの棚卸しを一緒に行っていきます。
求職者の方のブランクを気にしないという企業は、スキルやマインドに重点を置いている傾向があります。そのため求職者の方の強みとなるスキルを見つけ、それを企業側に最大訴求していくことで、“ブランク問題”をクリアしていきます。

Aさんの場合も、過去の経験を丁寧にヒアリングしていきます。

・プロジェクトを任されており5名のチームリーダー経験がある。
・進捗管理や調整業務などが得意。
・希望する開発フェーズは、上流、下流問わない。

ヒアリングとスキルの分析をおこなっていくと、Aさんにはプロジェクトメンバーをまとめられるリーダーシップがあり、納期に向けて責任感を持って仕事に取り組むマインドが強いことがわかりました。

この分析をもとにAさんに適した求人を探した結果、「大規模システムの改修プロジェクトのPMOポジション」が見つかりました。
この求人は、難しい条件や環境を乗り切ったリーダー経験、調整やとりまとめのスキルが求められていました。また、素養やスキル重視であり、職歴ブランクはあまり気にしない企業であるという内部情報もあったことが、Aさんに提案しようと判断した理由でした。

来社された時、Aさんは「エンジニアとして現場で開発業務を続けたい」という希望を強くお持ちでしたが、Aさん自身が持つスキル面の強みや、職歴がブランクであることがネックとなっていることを正直にお伝えした結果、このPMOポジションにぜひチャレンジしてみたいと、前向きなコメントをいただくことになりました。

今、AさんはこのPMOポジションで就業されています。
配属当初は最新技術のインプットに時間を要し、また久々の仕事ということから不安もたくさんあったようですが、周りの方からのサポートも得ながら、頑張っていらっしゃいます。

派遣エンジニアの方が登録に来られて職歴にブランクがある場合、私たちは厳しい現実も隠さずお話します。そのうえで、一緒にスキルを棚卸しさせていただき、数ある求人の中からベストマッチな求人をご紹介していきます。

「職歴のブランクが気になる」「なかなか思ったように希望する仕事に就くことができない」と、お悩みのエンジニアの方はぜひ私たちまでご相談ください。



■職歴のブランクを気にしているというエンジニアの方は、最寄りの拠点までお気軽にご連絡ください
http://www.tbrain.adecco.co.jp/basesearch/?banner_id=proe_blog

■派遣や紹介予定派遣でのPMOポジションの求人をまとめています。ご興味がある方はぜひご覧のうえ、エントリーをお待ちしております。
http://haken.adecco.co.jp/job/search?job_category_code=&area_code=&keyword=PMO