Nov 11, 2016

担当者の一日について

担当者の一日について


ブログをご覧になられた方から、「毎日どんな仕事をされてるのですか?」と質問をいただきましたので、今回は私たちの一日の業務についてご紹介したいと思います。

IT・WEB・エンジニア派遣担当者の一日は日々変化に溢れていますが、11月のある日の一日のスケジュールをご紹介します。





8:40 出社

9:00 朝礼

9:15 最新の求人と求職者の方の情報整理

11:00 求職者の方への電話やメールでのお仕事紹介

12:00 ランチ

13:00 来社いただいた登録者の方の対応

15:30 営業担当と同行し企業を訪問(求人情報など生の声を収集します)

17:00 求職者の方への電話やメールでのお仕事紹介

19:00 退社



出社した後に、朝礼を経て、同僚たちと1件1件の求人情報の内容や進捗の確認から一日が始まります。求人は、日々変化が伴うので、集中しながら最新情報の収集と同僚との共有を行います。
次に求職者の方の情報の整理を行います。求人情報と同様に求職者の方の転職活動全般も、日々変化があるので、こちらも最新の情報にアップデートします。



午前中は、既にご登録いただいている方へ電話やメールにてお仕事をご紹介することが多いです。頻繁に連絡をする方もいれば、久しぶりにお電話をいただくこともあります。
逆にお仕事を探している方からのいろんな相談にも対応します。
職場見学の日程調整の連絡を行うこともあります。
場所や日程に間違いがあってはいけませんので、注意してスケジューリングを行います。

12:00、多くの方がランチタイムとなるこの時間には、現在就業中の方とのコンタクトを取る時間にあてています。
現在お仕事中の方はお昼の時間帯しか連絡が取れない方も多くいらっしゃいますので、この時間を有効活用し、次の仕事のご紹介や現職におけるさまざまなご相談を承っています。

これがひと段落しますと、お昼休憩に入ります。
ランチは、同僚たちと近くのお店で済ませることが多いです。

休憩後は、午後の来社される方の対応にむけて準備を進めます。

事前に確認しておきたいことをメモしておきます。経験と希望などをしっかりとヒアリングしながら、最適なお仕事のイメージを持つように努めています。伺った要望はしっかりと情報を社内のデータベースに反映させます。情報の密度が高ければ高いほどより良いお仕事紹介につながりますので、集中して対応します。

電話カウンセリングをする日もあります。電話の場合は表情が読み取れないため、どういったキャリアを描かれているのかなど、注意してヒアリングします。

そのほか、頻度は多くありませんが、営業さんから、某企業の求人詳細のヒアリングに同席してほしいという依頼を受けることもあります。採用担当者から詳しくお話を伺いながら、求職者の立場で気になることをできる限り聞き出すようにしています。職場の雰囲気や平均年齢、どのようなメンバーの方がいるのか、など“生の情報”を積極的に聞き出すように粘ります。

社内に戻ると、再び、エンジニアの方と連絡を取る時間になります。
メールの返信、電話の折り返しなどをしていると、あっという間に時間は過ぎていきます。

「自分に合いそうな仕事が決まりました。ありがとうございます。」

このようなご連絡を求職者の方から頂くと、本当にうれしい気持ちになります。
お仕事が決まっていくと、一旦、私たち担当者との関係は、途切れ気味になりますが、仕事をしていくうえでのご相談を伺わせて頂くこともあります。

私たちの仕事は、求職者の方や社内の営業さん、企業の採用担当者といった方々とのコミュニケーションがとても大切な仕事です。皆さんのキャリアに伴走し、満足いただけるお仕事紹介をするためには、何が必要なのかという意識は常に持っています。
エンジニアの方の活躍できる職場・仕事・環境の提案に向けて妥協をせずに日々、全力で仕事をしています。


▼仕事やキャリアプランなどの相談をしたいことがあるエンジニアの方は、ぜひお気軽に、最寄りの拠点までご相談ください 
http://www.tbrain.adecco.co.jp/basesearch/?banner_id=proe_blog