Nov 29, 2016

残業過多の職場は改善提案していきます

Rさん(34歳・女性)は現在、某制作企業にて、アデコからの派遣DTPオペレーターとして就業中の方です。現在の派遣先の職場の雰囲気について相談がある、とのことで当社に来社されました。

お話を伺うとRさんの派遣先の職場はかなり忙しいようで、いつもタイトなスケジュールのなか各種制作物の企画、デザイン、DTPオペレ―ションの業務が山積みになっているとのことです。社員は皆、終電近くになることも多いようで、慢性的に残業が発生しているようです。

そうしたなか一人の社員の方から、「Rさんは派遣契約内の業務で働けていて、残業も無くてよいよね」というニュアンスのことを言われたようです。

お話を聞きながら、業務過多とストレスフルな環境が原因で、Rさんへの嫌味につながったことが容易に想像できました。




ワーク・ライフ・バランスの考え方からしても、Rさんの就業先で働かれる方々の労働時間は過重な状況です。企業の規模、業種によっては、時間外労働が当たり前となっている環境も多くあります。
しかしだからと言って、契約に沿ってきちんと働いている方が揶揄される筋合いはありません。

後日、アデコの担当営業がRさんの就業先の担当責任者宛てに訪問し、正式な苦情として、こうした事象があったことを伝えました。合わせて、Rさんの職場の方々の疲弊を減らさないことには本質的な改善にはつながらないこと、生産性も上がらないのではと、少々突っ込んだ内容で話をしてきました。

就業先企業側も、残業過多を理由にした退職者がたくさん出ていて課題と思っているということ、良い機会なので経営層も巻き込んで、是正に向けて議論していくことを検討するというコメントをもらいました。

後日、Rさんより「職場の残業がすこし抑えられてきた。周りの正社員の方のピリピリとしていた空気感も少しだけ変わってきたような気がする」と、連絡がありました。


このように働いている方からの声をもとに、派遣先職場の改善提案をさせていただくケースはたくさんあります。労働市況の変化や労働環境改善に向けた他社事例などの情報を提供し、より働きやすい環境づくりができるよう粘り強く働きかけます。職場環境での悩みがあれば、抱え込まずご相談ください。


▼仕事やキャリアプランなどの相談をしたいことがあるエンジニアの方は、ぜひお気軽に、最寄りの拠点までご相談ください 
http://www.tbrain.adecco.co.jp/basesearch/?banner_id=proe_blog

■お知らせ
各拠点で「ITエンジニア向け!紹介予定派遣で社員を目指す方の相談会」を開催しております。
・新宿/秋葉原/横浜
http://www.tbrain.adecco.co.jp/event_seminar/event/consult_shutoken/tp_2016/?banner_id=proe_blog

IT・WEBエンジニア・クリエイターの友達を紹介していただける方へ。ぜひご覧ください。
http://www.tbrain.adecco.co.jp/campaign/pdf/friends.pdf?banner_id=proe_blog